HP担当陽光福祉会 の紹介

ホームページの管理者です。

【にじいろWS 2022-11月】サファリパークに行こう~ライオンキングのサバンナをイメージしながら~

2022年11月25日 金曜日投稿

〈ごっこあそび〉は想像力と創造力、そしてからだ全体で

毎年10月末日、ハロウィンになると首都圏にあるテーマパークや東京・渋谷の街は仮装をした若者たちでにぎわいます。
コロナ禍では一時、それがままならない状況でしたが、今年は久しぶりにそのにぎわいが各所に戻ったようです。
近年では特にハロウィン特有の仮装ではなく、映画やアニメの主人公であったり、動物であったり、その時に話題になったものにふん装したりと自由な仮装が多くなりました。
それらの大半は自分でつくり、いろいろな小道具などと組み合わせていると聞きます。
それぞれに趣向を凝らした仮装で全身を包み、いつもの私ではない、特別な私になりきって楽しんでいるのがわかります。
私はそんな様子をニュースなどで見るたびに、自身がまだ子どもだったころ、ひとりで、または友だちと一緒に〈ごっこあそび〉をしたことを想い出します。
当時のテレビやマンガのなかの主人公、はたまた巨大恐竜や人気の怪獣などになりきって、近所のあそび場を飛び回っていました。
そのころは身にまとう衣装など無かったですが、日常生活にあったものを上手に使い(模して)、時間が経つのも忘れてあそんでいたものです。
もちろん、ハロウィンで仮装をするのとはだいぶ意味がちがいますが、現代の若者たちを見ていると、誰もが小さかったころに経験したであろう〈ごっこあそび〉を、いま再び体現しているように思えてなりません。

今回のワークショップは造形(つまり簡単にいえば、形のあるものをつくりだす行為)ですが、そこから上述した〈ごっこあそび〉へと発展させていきます。
〝あそび〟とはいえ、それを十分に楽しむためには想像力と創造力が必要です。
さらに、からだ全体を使ったパフォーマンス能力も不可欠です。
テーマは「サファリパークに行こう」ということで、子どもたちには動物になりきってもらいました。
最後はみんなで、あおぞら保育園内に誕生したサファリパークへ出かけます。
さて、どんな動物たちに出会えるでしょうか。

まずは、〝なりきり〟の小道具づくりからはじめます

今回のテーマであるサファリパークにいる動物たちは、その大半が広大なアフリカの大地で育ちました。
そこで子どもたちには、あらかじめ用意したプロジェクターを使って、部屋の白い壁にアフリカの風景のなかにたたずむ動物たちの写真を大きく映し出し、これから造形する動物の容姿を観察してもらうことにしました。

年中クラスの子どもたち、それから年長クラスの子どもたちも、プロジェクターで映し出された大きな写真に最初は少し戸惑ったようでした。
ライオンやトラ、キリンにサイにゾウなど、動物園では見慣れた動物たちですが、広大なアフリカの大地に放たれた野生のそれらを見るのはおそらくはじめてでしょう。
でも、次々に映し出される動物たちの迫力ある姿に、子どもたちは徐々に惹きつけられていきました。

それから先生は子どもたちの前に立ち、おもむろに首から下げたふたつの筒状になったものを目に当てて子どもたちを見わたすしぐさをしました。
「あ、見える見える、ライオンかな?ゾウかな?遠くまで見えるよ」
先生が下げていたのは、底を抜いた紙コップ二つを貼り合わせてつくった双眼鏡を模したものでした。

ここからが造形(ものづくり)のはじまりです。
先生が首から下げていたものと同じものを子どもたちひとりひとりに配りました。
真っ白な紙コップに、先生とおなじように首から下げられるようにスズランテープが取り付けてあります。
子どもたちは自分の双眼鏡を手に取ると、先生を真似て遠くを覗くしぐさや、壁に映し出されている動物の写真を、まさにアフリカの大地で覗き見ているようにその望遠鏡で眺めたりしていました。
なかにはお友だち同士の双眼鏡をぴったりとくっつけて、お互いの目を覗き合っている子もいました。

先生はそんな子どもたちに「この双眼鏡の真っ白な筒の部分に、好きなように色をつけたり、模様を描いたりして自分だけのものにつくり変えていいよ」と言いました。
すると、子どもたちはいっせいにクレヨンを使って自分だけのオリジナルな双眼鏡づくりをはじめました。
真っ白で均一な紙コップが、みるみるうちに個性を持ち出し、その子の色に染まっていきました。

年中クラスと年長クラスの子どもたちは、〈ごっこあそび〉をする前にまずは〝なりきり〟の小道具として双眼鏡づくりに夢中になりました。
でも、年長クラスの子どもたちは首から下げるスズランテープも自分自身で貼り付けました。
いずれにしても、サファリパークへ出かけるなら、遠くの動物たちを見るための双眼鏡は必要な小道具ですからね。

そうそう、それから先生は、双眼鏡づくりに励む子どもたち全員にサファリパークの特別入場券を配りました。
それはひとりひとりの名前を書き込むスペースがある、やはりオリジナルの入場券です。
先生自身〈ごっこあそび〉に手は抜きません。これは〝なりきり〟気分を盛り上げるための演出です。
当然、子どもたちのテンションはさらに上がります。
「入場券は失くさずに持っていてね」と言われて、いく人かの子どもたちは、大事にポケットにしまい込みました。

仮装の準備ができたら、いよいよ「サファリパーク」へ出発です!

今回の〝なりきり〟道具づくりの仕上げは、動物の被り物です。
これが一番むずかしく、でも一番楽しみな造形(ものづくり)でした。

年中クラスと年長クラスの子どもたちは、前もって頭からすっぽり被ることのできる紙袋をひとりひとり用意しました。
その紙袋の側面に、それぞれの児童の顔のかたちが切り取られています。
なので、その紙袋を被ったとき、顔だけが外に飛び出して見える仕組みです。

先生はお手本に、自分の顔に合わせて切り取った紙袋を手に取り、顔の出る部分に折り紙や厚紙で動物の顔に似せた三角の大きな耳や色とりどりのひげをつけました。
それを頭から被って顔だけを出すと、顔は先生ですが、その顔の周りには動物のような耳やたくさんのひげが
ありました。
子どもたちはその被りものを見て大笑いです。
それから先生はそれを被ったまま、動物の動きを真似て歩いて見せました。
その姿に子どもたちはさらに声を上げて大はしゃぎ。

テーマが「サファリパークに行こう」ですから、アフリカの大地に生息する動物たちをイメージしてつくります。
壁にプロジェクターで映し出された写真や、動物の本を参考にして、それぞれが自分のなりたい動物を決めて、その顔をつくっていきます。
どの子も自分でつくりたい動物の特徴をよく考えて、耳にしろ、ひげにしろ、見事につくりこんでいきました。
出来上がるとそれを被って、誰かれとなくさっそく四つ足になって動物になりきって歩き出しました。

特にいつもと力の入れようがちがったのは、年長クラスの子どもたちです。
というのも、来年2月に行われる園の発表会で、年長クラスが演じるおしばいの演目が『ライオンキング』だからです。もちろん、みなさんがよく知っている、ディズニーのアニメーション映画(1996年公開)です。
ご存知の通り、その物語に登場するのは、すべてアフリカの動物たちです。
そうなれば、がぜん力が入るのは当たり前ですね。
映画『ライオンキング』は、その後アメリカでミュージカルとして舞台公演がありましたし、日本でも劇団四季による公演が行われるなど、いまでは子どもたちにとって大好きなディズニー作品の1本として人気が高いようです。

来年の発表会に向けた練習もはじまっているのでしょう、その物語に登場するサバンナに生息する動物たちのこともよく知っていました。
すでに先生が説明するまでもなく、壁に映し出されたアフリカの動物たちの写真を見ながら、
「あ、シンバ!」、「ムファサかな?」、「スカーだよ」、
「これ、悪いハイエナたちだ」などと物語の役名で呼ぶ子どもたちもいたくらいです。
年長クラスの子どもたちの気持ちは、すっかり物語の世界に在るようです。

そんな年長クラスの子どもたちも〝なりきり〟道具づくりの仕上げに一生けん命です。
年中クラスの子どもたちよりはワークショップの経験も知識も一年分多いせいか、動物の顔づくりにもそれぞれがひと工夫もふた工夫も加え、かなり凝ったつくりをしています。
例えば、巨大なタカ、大口のワニ、鼻の長いゾウ、パンダなんていうアフリカとは無縁の動物まで登場しましたが、どれもが顔の周りに貼り付ける耳や羽根も、鼻にひげも、口元さえ立体的な造形物を完成形として描きながらつくっていました。いく人かの子どもたちは腕にまでその動物の一部分を模したものを巻き付けて全身で表現していました。
最後は先生や保育士にサポートしてもらいながらも、みんなイメージ通りに仕上がりました。

子どもたちが創作に打ち込んでいる間に、先生と保育士でお部屋の奥に、あおぞらサファリパークの舞台をつくりました。
年中クラスと年長クラスの子どもたち共に、そのサファリパークでそれぞれが仕上げた動物になりきって作品を発表し合いました。
お客役と、動物役を半分ずつに分かれて交互に〈ごっこあそび〉を行いました。
お客役は入場券を入口で係員役の先生に渡し、双眼鏡で遠くから眺めたり、紙でつくったエサを与えたり。
動物役はドシドシ、バタバタ、ノロノロと四つん這いになりながら、動物の鳴き声まで真似して大騒ぎです。
どちらの役になっても、〈ごっこあそび〉は終わることを忘れて、時間いっぱいまでみんななりきっていました。
そんな光景を見る限り、年中クラスと年長クラスの子どもたちは、きっと、来年の発表会は最高の舞台になることまちがいなしですね!

子ども時代に体感すべき、普遍的な〈ごっこあそび〉の必要性

〈ごっこあそび〉はなにものかになること、なれることで、予期せぬたくさんのことを学びます。
今回はテーマを設定し、それに即した造形にも力を入れましたし、また最後にはからだを使って身体的なパフォーマンスにもつながりました。
これらは、表現するというアートの最も根源的な部分を体感した行為です。
冒頭でも触れましたが、仮装すること、若者たちの言い方を借りれば〝コスプレ〟も〈ごっこあそび〉の延長線上にあることではないでしょうか。そこには、あきらかに想像力と創造力が存在するからです。私ではない私になりきることで別の世界も見えますし、閉ざされた気持ちもある意味解放されるからです。

では今回も最後に「にじいろワークショップ」を企画・指導する松澤先生からのコメントを紹介して、結びとします。
「〈ごっこあそび〉を完結させるためには、何度も言うように想像する力と、それを表現するために創造する力が必要で、それを一番あそびとして取り入れるのが上手な幼児期に思い切りやれたかどうかで、その後のこころの持ちようや、大げさに言えば生き方みたいなものにも影響すると思います。
ひとつの物事をどれだけイメージできるか、できないかで仕事や生活の幅が広がるか、狭まるかに分かれることってあるでしょう。いつ、いかなる場所にいても、もうひとつ別の、まったくちがう世界へ自分を導いていけるかどうかで考え方も視方もかわりますからね。そうした行為は潜在的なものですから、小さいころに理屈ではなく身につけておきたいものです。
また子どもの情緒面の発達にも〈ごっこあそび〉の必要性は高いと言われていますから、大いに〈ごっこあそび〉を奨励したいものです。
それにしても、今回も、おとなの想像するかたちをはるかに超えた造形(ものづくり)と〈ごっこあそび〉への踏み込み方には驚きました。でも、それだけにこれからがとても楽しみです」

ドキュメンテーション

サファリパークに行こう~ライオンキングのサバンナをイメージしながら~
今回は造形で、ごっこ遊びを行ってみようと思います。
今年度の5歳児さんの演劇は「ライオンキング」ということで、ライオンたちが生活している、サバンナに住む動物たちをイメージし作り、動物になりきって遊ぶ、そんななりきり造形あそびをやってみます。
動物を作ることも、ルールを決めて遊び方を考えるのも面白い。なにができるかお楽しみです。

written by OSAMU TAKAYANAGI

はむら保育展&ホップの会公演のお知らせ

2022年11月16日 水曜日投稿

はむら保育展

11月23日(水)~26日(土)の期間、羽村市プリモホールゆとろぎ 1階展示室にて、「はむら保育展」を実施します。
今年度も羽村市内13園の様子を紹介した展示のみの実施となりますが、お時間のある方はぜひご来場ください!!

ホップの会公演

ホップの会による保育展特別公演を11/26(土)の11:00と14:00の2回、ゆとろぎの交流広場にて行います。
子どもたちが楽しめる楽しい公演ですので、ぜひ遊びに来てくださいね!!

★ホップの会・・・羽村市保育園の男性職員を中心とした会です

☆交流広場

【にじいろWS 2022-10月】版画を体験しよう

2022年11月1日 火曜日投稿

「版画」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

みなさんは「版画」と聞くと、どんなことを思い浮かべるでしょうか。
ご自身の体験から、小さい頃に野菜などの切り口に絵の具などを塗って、スタンプのように紙に押し付けたこと、または学校の授業などで一枚の板を彫刻刀などで削って凹凸(おうとつ)をつくり紙に転写したことなどを挙げる方は多いかもしれませんね。
なかには、はがきサイズのゴム製板を削って年賀状の絵柄を作成した、といったかなり具体的な例を示す方もいるでしょう。
さらには、有名な作品や作家名と共に、いわゆるアートとしての「版画」を思い浮かべるという方も。

そう、「版画」と聞いて、たいていの場合は誰もがなにかしらを思い浮かべることができるのです。
つまり必ずしも特別なものではなく、誰もが一度は日常的に体験している、もしくは耳目していることだといえます。
ただ、それをいつ、どのように体験しているかということで、ひとそれぞれに思い浮かべることがらが違ってくるのでしょう。

さて、今回のワークショップは、その「版画」を体験してもらいました。
年中クラスはもとより、実は年長クラスの子どもたちも「版画」を行うのは今回が初めてです。
それも、ちょっとユニークな版*づくりからはじめて、子どもたち自らインクを付着して紙に写しとるまで、版画制作における一連の基本的な工程を体験しました。
(*版:インキを紙面に転写する仲立ちとなるもの)

葉脈もくっきり、500円玉も?初めてづくしで驚くことばかり

年中クラスも年長クラスの子どもたちも、今回が初めてづくしの「版画」です。
いずれの子どもたちもワークショップのはじまりは同じです。

こどもたちには、まず道具のことを知ってもらおうと、先生はインクを付着させるためのローラーを取り出しました。
先生はローラーを両手に握り、いつものように子どもたちにおどけて見せます。
顔をこするの?からだに転がすの?
いやいや机を拭くのでしょ?
子どもたちもそれを手に取って、自分の顔やからだをコロコロ転がして大笑い。
それから版画を摺るときのバレンも見せました。
「なんだ、これ?」と、子どもたちの反応はいまひとつピンときません。
それはそうですよね、初めて見るのだから。

そんなふうに全員がそれらの道具に触れると、今度は版画を刷るために用意したテーブルに子どもたちを集めました。
ここからがワークショップの実践です。

先生は木の葉っぱを1枚、子どもたちに見せました。
園庭に落ちたばかりのまだみずみずしい葉っぱです。
それを先生は両手のひらに挟んでこう言いました。
「どこにでもある葉っぱだけど、こうして手のひらで触ってみると、葉っぱにある筋(葉脈)がわかるよ」
そして、子どもたち一人ひとりに触ってもらいました。
「ほんとだ!でこぼこしてる」「線が浮き出てる」と子どもたちは新鮮な感動を覚えていました。
葉脈を手のひらで感じることなんて、そうそうないですからね。

次に先生はテーブル上に用意した大きなトレイのなかにインクを注ぎ、先に子どもたちに見せたローラーでそれを上下に転がして溶きはじめました。
子どもたちは初めて見るその光景にじっと見入っています。
インクがローラーに馴染んだのを確認すると、台紙の上に葉っぱ(葉脈のある面を上に)を置き、ローラーでその葉っぱにインクを付着しはじめました。
子どもたちは何がはじまるのか、まばたきもせずに見つめています。

葉っぱにインクが付着したら、その上に白画用紙を被せて片方の手でしっかり押さえ、もう片方の手でバレンを持って、その白画用紙の上からバレンの平の面で円を描くようにこすっていきました。
それから、ゆっくり白画用紙をはがしていくと、その白画用紙に葉っぱがきれいに転写されていました。
葉脈も、目で見るよりも鮮やかに写っています。
子どもたちはいっせいに歓声を上げました。
こうして版画の基本的なこと~作業の流れを子どもたちに伝えました。
難しい学習は不要です。まずは身近に視て、それをきちんと体験することが一番の学習です。

と、ここまでは年中クラスと年長クラスはまったく同じでしたが、年長クラスにはもう少しだけ「版画」の話を付け加えました。
それは、日常見慣れたあるモノを取り出してからのこと。
先生は、自分のお財布から千円札を1枚抜くと、年長クラスの子どもたちに見せながら
「これも、いまやったようにインクで刷ってつくってるんだよ」と。
子どもたちは、おどろいたようすです。
「もちろん機械を使っていっぱい刷っているけど、もとをたどればいまやったことと同じです」
先生がそう説明すると、子どものひとりが「10円や100円玉も?」と唐突に聞きました。
予期せぬ質問に、今度は先生がおどろきました。
先生は一瞬考えましたが、またお財布から500円玉を取り出して
「じゃ、できるかどうかやってみようか」といいながら500円玉の表面にローラーでインクを付着しました。
考えてみれば硬貨も表面に凹凸があるので、やり方は葉っぱのときと同じです。
バレンでこすり白画用紙をはがすと、葉っぱほどきれいではないけれど、そこには確かに500円玉が写っていました。
「でもね、残念ながら10円玉や500円玉はお札とはちがう作り方をしています。だけど、こうして表面にでこぼこがあれば葉っぱのように刷れるってことだね」
ほんとうに予期せぬ質問でしたが、こういうやりとりはとても大事なことです。
おとなもそれについてごまかしたり、面倒がらずにしっかり答えてあげるということが肝心です。
子どもって、疑問符の数だけモノを覚えるのですから。

予想もしない仕上がりに、子どもたちも見惚れます

子どもたちが版画の基本的な工程を知ったところで、いよいよ本番です。
先生はあらかじめ用意しておいたA5サイズの透明なシート(プラスチック素材:ポリプロピレン)をテーブルに置きました。
それから、これも準備しておいた○型や□型をした指先ほどの小さなシールを出して、そのA5版サイズの透明なシートにペタペタと貼りつけていきました。
横や縦一列にいくつも並べると○や□がつながって線になります。
それを応用していけば、さまざまな模様が浮き出てきます。
太陽や星や雲だってつくれます。
木や花もできました。
あらら、誰かさんの顔もできますね。
先生はこんなふうにいくつかの例を示しながら、その透明なシートに○や□のシールを使っていくつかの線と花の模様を描きました。
そのシートを台紙の上に置き、インクの付いたローラーでシート全体にインクを付着させていきました。
手順は先ほどの葉っぱと同じです。
白画用紙をそのシールを貼った透明なシートに被せ、またバレンで円を描くようにこすっていきました。
今度は、葉っぱのときよりも念入りにこすりました。
それからまた同じようにゆっくり白画用紙をはがしていくと、そこには不思議な模様が表れました。

確かにシールを貼った透明なシートと同じ模様ですが、左右の位置が逆に写っています。
またシートに貼った実際のシールよりも、画面上のシールのカタチの方がくっきりと見えました。
それから全体にインクの色に染まっていることで、独特な雰囲気を醸し出していました。
予想もしていない仕上がりに、子どもたちはすっかり魅了されたようです。

子どもたちは各テーブルに戻り、まずは透明なシートになにを、どんなふうに描いていくかを考えます。
使う素材は、先生が見本で見せた○型や□型をした指先ほどの小さなシールのみ。
ただし、そのシールを自分の思うような形にハサミで切るのもちぎるも自由です。
○を半分に切れば半円になり、□を斜めに切れば三角になります。
また何枚も重ねて貼ってもいいですし、出来栄えに納得がいかなければ、何度でも貼り直しもできます。
たったこれだけの材料ですが、子どもたちの発想は豊かで自由で、限りなく広がっていきます。
黙々と子どもたちは版づくりにかかります。
時折、先生や保育士に相談をしたり、ちょっと手伝ってもらう子どももいましたが、最終的には自らの力で版づくりを行いました。
どの子どもの作品も、A5サイズという小さなシートのなかに、見たことのない大きて素晴らしい世界をつくりあげていました。

完成した(と自分で思った)子どもから順々に転写をします。
子どもたちは飲み込みが早いので、先生がやったやり方を器用に真似て刷りはじめました。
補助はしますが、やはり子どもたち自身でローラーを転がし、インクを付着させ、バレンでこすります。
白画用紙をゆっくりはがすと、そこにはまったく予想外の作品世界が表れます。
子どもたち誰もが白画用紙をはがすたびに、自分の作品に見惚れているようすがわかります。

仕上がった作品は順番に並べてインクの乾くのを待ちます。
そしてシールを貼った透明なシートは、表面のインクを水洗いして、これもいっしょに乾かします。
実は、今回の仕上がった作品は二通りの楽しみを味わうことができます。
ひとつは刷り上がった作品、もうひとつはその版自体です。
版を水洗いするのは、作品として保存するためです。
刷り上がった作品と版は、似て非なるものです。趣きの違う作品としていずれも鑑賞できますので、飾っていただくのも、ワークショップの想い出とするにしても、ふたつ合わせて保存されることをお勧めします。

日常生活にあふれる「版画」ですが、そこには長い歴史が・・・

年長クラスの子どもたちに先生が紙幣を見せたように、日常には版を使ってたくさんのものが刷られています。
ご存知の方は多いと思いますが、15世紀中頃にドイツのグーテンベルグという人物が、ひとつの版を使って何度も同じものを複製することを発展させて(活版)印刷という技術を誕生させました。
これにより、一気に印刷物が世界中にひろまっていくのです。
しかし、版というものだけを見れば、その歴史はもっと古く、原始時代から古代オリエントまで遡ることができます。
当然、版を使って生み出される「版画」というアートも、こうした流れのなかで誕生してきたのです。

そういえば、1990年代から2000年代はじめにかけてテレビや雑誌によく登場したナンシー関(本名:関直美)さんというコラムニストの代名詞が「消しゴム版画」家でした。
普通に市販されている消しゴムをカッターナイフで削って、それを版として使い、ご自分のコラムやほかの雑誌などにイラスト表現として掲載していました。特に似顔絵が得意だったようで、そのものが人気を博し、学生たちの間でその「消しゴム版画」が一時期流行ったことがありました。
手軽に誰もが楽しめるという点が魅力だったのでしょう。
残念ながら、ナンシー関さんは39歳という若さで亡くなってしまい、それ以降はその「消しゴム版画」も見なくなりました。

横道にそれましたが、今回の版画は「凸版(とっぱん)」という版でしたが、ほかにも一般的には「凹版(おうはん)」、「平版(へいはん)」など版の形式は多種多様にあります。
「にじいろワークショップ」の松澤先生は、ご自身が美術を学ばれていたころ、版画の授業も受けていたそうで、かなり専門的な知識と技術をお持ちです。なので、余計に力が入った、とご本人の弁ですが・・・(笑)。
また、今回シールを用いて版づくりを行いましたが、この手法の発案にも先生が関わっていたといいます。
試行錯誤を繰り返し、子どもたちが安全にできて、あそび感覚で楽しめ、かつ発想力が養えるという、これって、なんだか新しい版画づくりとして注目されそうですね。

では最後に「にじいろワークショップ」を企画・指導する松澤先生からのコメントを紹介して、今回のワークショップを終わりにします。
「版画って、どのようにつくれば最終的に作品になるのか。
版づくりからはじめて、それをインクで紙に転写していくという、そんな基礎的な工程を自分自身で体験すること。それが今回のワークショップの一番のポイントです。

そしてもうひとつ、版づくりの材料としてどこにでもある○型や□型のシールを利用したのですが、あえてカタチを単純にすることで子どもたちの発想力を引き出すこと、養うことにも重きを置きました。
版に描く絵柄を、ふつうに絵で描いてしまうほうが早いし、楽です。
でも、これだけ単純なカタチでは、工夫しなければ思い通りの絵柄にはできないですから。
ただし、この○型や□型はハサミで切っても、重ねて貼っても、そのシールを使うことであればなんでも良しとし、創作する子どもたちの意思と発想にゆだねました。
その結果は、こうして作品を観ればおわかりのように、どれもがみな豊かな発想力に彩られ、ひとつとして同じものがなく、個性的でオリジナルな作品に仕上がりました。
もちろん、版づくりから刷りに至るまで、版画に関する基礎的な知識として凸版の仕組みやインクとローラー、バレンの使い方などは指導しました。
そこはきちんと教えるべきだと思っているので・・・でも、それをすべて覚えていなくても、視覚や手触りといった皮膚感覚、そういうものが記憶に残れば今はそれで十分です」

ドキュメンテーション

「版画を体験しよう」
版画技術の歴史は古く、日本では平安時代のものが残っています。1200年以上前から印刷技術は多くの人を繋ぎ、伝える媒体として存在してきました。宗教絵画として広く利用されたことから芸術にも昇華されています。今回はシールを使い、ほんの少しの凹凸で表現できる版画を体験し、作品を作ってみようと思います。

written by OSAMU TAKAYANAGI

【周知】新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金

2022年10月20日 木曜日投稿

厚生労働省より「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金」の保育所等の保護者に向けた再度の周知について、協力依頼がありましたので下記の通りお知らせさせていただきます。


【にじいろWS 2022-9月】紙の立体タウン

2022年9月27日 火曜日投稿

平面から立体へ!発想力、想像力があれば紙一枚でも立ち上がる

個人的な話ですが、ある子ども向けの学習雑誌にこんな出題があったのを想い出しました。
「同じ高さのふたつのコップを5cmほど離して置いて、そのふたつのコップにかぶせるように折り紙を1枚乗せます。そこでコップとコップの中間あたり(下は空間)に10円玉を3枚乗せたいのですが、そのままでは落ちてしまいます。どうすれば折り紙の上に乗せることができるでしょうか?」というものでした。
そこに掲載されていたイラストには、重さに耐えられなくなった折り紙が10円玉と一緒に落ちていく場面が描かれていました。
それは仕方がないな、とイラストに納得しながらもその答えがわからず、恥ずかしくも回答ページをみたらこう記されていました。
「折り紙を1cm間隔ほどに山折り、谷折りを繰り返して山形の立体をつくることで折り紙に強度が生まれ、10円玉を乗せることができます」と。
そこにはまたイラストがあり、コップとコップにはまるで硬い橋でもかけられているような、蛇腹に折られた折り紙があって、その中間に10円玉が3枚しっかり乗っていました。
まさに目からウロコでした。

さて、こんな個人的なつまらない話からはじめましたが、今回のワークショップはこれにちょっと似ているかもしれません。
ごくふつうの色画用紙を使いますが、それを平面ではなく〈立体〉として作品にします。
さらにそれを展開させて、どこかにありそうでどこにもない架空の町「紙の立体タウン」に仕上げていきます。
少しわかりづらいかもしれませんが、一枚の平面の紙がどのようにして〈立体〉化していくのか、その過程から完成、そして応用までをあそびながら子どもたちに体感してもらうというのが、今回のワークショップです。
また年長クラスの子どもたちには、段ボール箱というありふれた四角形の立体物を加えて、いかにテーマに基づいたかたちにつくり変えて別のものに見せるかという、そんな試みも採り入れてみました。

子どもたちの夢がつまった、たったひとつだけの「マイ・タウン」

まずは準備から…
床に子どもたちのグループ分だけ大きなクラフト紙を敷きます。
今回のワークショップの舞台はこのクラフト紙の上になるので、ロール状のクラフト紙から少し長めにしっかりと敷き詰めました。
次に先生は色画用紙に正円を描き、それを切り抜いて外周の一点から中心点までハサミをまっすぐに入れると、ふたつに切れた端を1~2cmほど重ねて貼り合わせます。すると、平面だった1枚の正円が、ほんの少し頂点の盛り上がった円すいになりました。
それをいくつも用意し、それ以外にも各テーブルの上に小さく切った色画用紙、セロテープとでんぷんのりなどを用意しました。クレヨンやハサミは各自が用意します。
…これで準備は完了。

廊下に整列していた年中クラスの子どもたちは、待ちきれないようすでざわざわしはじめました。
ワークショップの準備が整ったところで、今回もにぎやかに入室。
そして、いつものように大きな声で先生へのごあいさつです。
それがすむと、先生は床に敷いたクラフト紙のひとつに子どもたちを集めました。

「今日は、みんなにこのクラフト紙の上に町をつくってもらいます」
子どもたちは一斉に「え~まち⁉」とやや微妙なリアクションです。
先生は、色画用紙でつくった円すいをクラフト紙の上に置きました。
子どもたちはそれぞれに「なんだ、それ?」「ぼうし?」「おさら?」と言い合います。
「あ、小さな山だ!」と気づいた子も。
「そう、ここの町には山があります」と先生は言いながら、いくつかの円すいを並べて置きました。
なんだかそれだけで町の風景に見えてきます。
「どこに山があるのかな、どんな山かな、グループごとに好きなところへ置いてね」と先生は言うと、今度は小さく切った一枚の白い画用紙を取り出し、そこにクレヨンでひとを描き出しました。
それも顔だけが大きくデフォルメされていて、ちょっとマンガっぽいひとの絵です。
そのひとの足部分にハサミで切り込みを入れてその紙を数回振ると、両足がバタバタと動きだすよう見えます。
子どもたちは一斉に笑い出しました。
先生はさらにそれを、先ほどの円すいの山の頂上にセロテープで貼り付けました。
すると、まるで山の頂上にひとが立っているようです。

またもう一枚長方形に切られた色画用紙を出して、それをふたつに折りました。
正面から見れば長方形が半分になっただけの平面ですが、横に向けて見たら、三角山の形に見えました。
先生は何気なくそれを床に置くと、1枚の平面だった紙がしっかり立っています。
子どもたちは、びっくりして眺めていました。
今度はそのふたつに折られたそれぞれの平面に窓がいくつもあるビルの絵を描きました。
それからそのビルの足元にのりしろをつくって、のりを塗ってクラフト紙に貼り付けました。
なんと、それだけで1棟のビルが完成しました。

こんなふうにいくつかのお手本をつくり、それぞれクラフト紙の上に立たせて見せました。
1枚の平面の紙が、次々と立体に変わっていき、クラフト紙の上に立ち並びはじめました。
「でも、これだけじゃまだ町にはならないよね。町には道もあるし、線路もあるし、川だって流れてる」
先生はそういうと、それぞれの立体物のあいだに道を描いてみせました。

もうこれだけ説明すれば、いまの年中クラスの子どもたちには十分です。
数人のグループに分けれ、どんどん町づくりをはじめました。
それぞれが独自の発想で、予想もしなかったような立体物をつくり上げていきました。
なにもなかったクラフト紙の上が、みるみるにぎやかな町並みに変わっていきます。
山の頂上にはたくさんのひとが見えます。どの顔もみんな笑っていました。
ある山には手づくりの望遠鏡まで取り付けられていました。遠くのお父さんの会社を見ているのだそうです。
そう、お父さんの会社も山の向こうにはありました。
川には大きな橋がいくつも架かり、ループ状のトンネルも建ちました。
駅も電車も立体物として町の中心には置かれています。
そのどれもが、平面の画用紙から、折る、描く、切る、貼る、の繰り返しで生まれた、まさに子どもたちの「マイ・タウン」です。
ワークショップの仕上げに、グループごとで分かれてつくっていたクラフト紙の上の町をひとつにつなげてみました。それはほんとうに想像をはるかに超えた、世界にたったひとつの夢の町でした。

協力し合うことで生まれるアート作品、さらに段ボールアートへ

年長クラスでは、クラフト紙をグループ別に分けず、それらをひとつにつなぎ合わせて敷きました。
はじめからみんなで協力してひとつの町づくりを目指して欲しいと考えたからです。
それから段ボール箱も素材として使用しても良いことにしました。もちろん、そのままではなく町の一部として手を加えることにして。

年中クラスと同様に、まずは先生が平面の画用紙を使って立体にするということを手本として見せました。
さすがに年中クラスの子どもたちは飲み込みも早く、すぐにでも作業に入りたいと催促です。
先生もそれは十分に承知していますから、細かな注意はその都度与えることにして早速創作活動開始です。

どういうわけか、年長クラスの子どもたちには段ボール箱が人気で、あっという間に積み上げていた段ボール箱が無くなりました。もともとこれが主ではないので、限られた個数しか用意していません。
これには先生も保育士も予期せぬことでしたが、つまらないおとなの事情や方針を押し付けることはせずに子どもたちの自主性に任せることにしました。
その結果、ひとつの段ボールに数人の子どもたち(男子・女子)が協力し合って「水族館」や「お化け屋敷」、「警察署」に「スーパーマーケット」などをつくることになりました。
それぞれのアイデアと技量を合わせて扉をつくり、窓を開け、壁や屋根の色や模様を考え、看板をつくるなど実に大がかりなオブジェを完成させました。
それも、そのすべてのことを子どもたち自身で相談し合って決めたようです。

もちろん、先生が最初に示した平面の画用紙を立体化していく課題に対して、終始知恵をしぼって取り組んでいた子どもたちもたくさんいました。
そこには円すい型の山があり、頂上にはやはりたくさんのひとたちが笑顔で立っています。
そのふもとには大小さまざまな家が立ち並び、そこから続く道の先には公園のような広場があり、そのなかには大きな木も鉄棒もあって、笑顔であそんでいるひとの姿がいっぱいありました。

段ボール箱の制作に悪戦苦闘する子どもたち、あくまでも平面の画用紙を立体化していくことにこだわる子どもたち、そのどちらへも融合する子どもたちとほんとうにさまざまです。
その関わり方は違っていても、誰もが個性的ですばらしい作品を生み出しました。

今回のワークショップでは、他者との関りを学ぶ、つまり仲間で力を合わせてひとつの作品「紙の立体タウン」を仕上げるということもひとつのテーマでしたが、それは見事に成されたと思います。
一人ひとりでつくった作品でも、それらが集まれば予想を超えた巨大なアートに生まれ変わります。

年長クラスの子どもたちも、ワークショップ終わりに床に敷かれたクラフト紙を囲み、それぞれの作品についての感想を述べ合いました。そのように自分たちの作品を語ること、それを聞くことは創作という現場には重要なことです。

年中クラスも年長クラスも、作品としては、実は未完成なのです。
それを子どもたち誰もが自覚しているように思います。
アートには完成などありませんから、見ればみるほど手を加えたくなるものです。
それが子どもたちにもわかってきたということは大きな収穫です。
そこで、園長や保育士のご厚意でしばらくそのままの状態で園内に保管していただき、時間を見て少しずつ町づくりを進めてもらうことにしました。
完成がいつにあるかはわかりませんが、この先の「マイ・タウン」が楽しみです。

少し横道に逸れますが、日本で段ボールアートに着目し、その先駆者となったのは現東京芸術大学学長に就任した日比野克彦さんです。
1980年代はじめに、段ボールアートが注目され、マスコミでも多く取り上げられました。以降、この段ボールアートはれっきとしたひとつの表現方法として認知されています。
なので、今回年長クラスの子どもたちがそのような知識がひとつもないまま、こんなふうに段ボールアートに目覚めていくさまは、実にすばらしいと感じました。

「でんぷんのり」から学ぶこと、そして子どもたちが理屈を超えて体感する世界

今回のワークショップでは、紙を貼り付けるための接着用のりにも先生のこだわりがありました。
いま、のりといってもさまざまな用途に応じてたくさんの種類があります。
最近では液体のりやスティックのりが定番の商品として、誰もが日常で利用しています。子どもたちもそれら定番ののりは使いなれていると思います。
第一に手指を汚すことがないのと、貼りたいところに簡単に塗ることができるという優れものです。
ただ、今回のワークショップではあえて昔ながらの「でんぷんのり」を使いました。

「でんぷんのり」は食物由来のものが主な原料ですから、まず子どもたちには安全です。
しかし、指を直接のりに取り、のりしろ部分にこれまた直接塗りこまなければなりません。そのためにシワができやすく、塗りもむらになるので、根気よく丁寧に、まんべんなく均等に塗るという面倒な作業になります。
それでもその分、自分が貼り合わせたいと思う部分が広範囲であっても、変形した場所であっても、指の使い方次第で自由自在に塗り込むことができます。

手指を汚すことなく、簡単で、しかもピンポイントに使える定番のものは多くの利点を含んでいますが、手間暇かけてじっくりとそのものと向き合うという、いわば思考する時間をあっさり奪ってしまいます。
そこで今回は、子どもたちにあえて手間暇をかけ、じっくりそのものと向き合う時間のなかで、創作することや、のりと紙のことなどを一人ひとりに探って欲しいという思いがありました。

最後に「にじいろワークショップ」を企画・指導する松澤先生に今回のワークショップについて伺いました。
「毎回感じることですが、子どもたちの発想力にはほんとうに驚かされます。
おとながどれほど考えて、考えぬいてものごとを進めようとしても、子どもたちのイマジネーションと行動力にはかないませんね。
今回のワークショップもまさにそんな感じで、一瞬にして予期せぬ方向に動いていきましたから。でも、もちろんそれは良い意味で、ですよ」
先生はまずそんなふうに切り出し、こう続けました。
「今回、子どもたちに一番学んで欲しかったこと、体験して欲しかったことは、一枚の平面である紙が、折ること、切ること、貼り付けるといった単純な動作を加えることで〈立体〉物に変わるということです。
紙そのままでは立たせることができなくても、ちょっとした手間や工夫を施すことで起き上がってくるということを知るのは、おおげさな言い方かもしれませんが、次への発想力や想像力のステップにつながります。
そのことを子どもたちに、あそびながら体感して欲しいと思っていました。
そのなかで、のりと紙の相性というか、まるでちがう素材が互いに補うことで新しい関係性が生まれるとか、
そんなことも学びとってもらえたら、なんて(笑)。
でも、いまはそんな難しい理屈など子どもたちには不要ですし、見ての通り、子どもたちは理屈より先にどんどん新しい世界へ自らの力で広げていき、短時間のうちに目覚ましく成長していきますからね」
と今回のワークショップを笑顔で振り返っていました。

ドキュメンテーション

「紙の立体タウン」
紙を貼る、立てる、曲げるなどの基本的な方法を使い、自分の世界を広げていく。
見立てて遊ぶことを楽しむ、友達と関わりながら、新しいアイデアを取り入れながら遊ぶ。

written by OSAMU TAKAYANAGI

【羽村市】コロナ禍における保育施設利用ガイドライン(第6版)

2022年9月16日 金曜日投稿

コロナ禍における保育施設利用ガイドライン(第6版)

 保育施設では、子どもたちの安全に十分配慮して運営していますが、集団感染が発生するリスクを完全に防ぐことはできません。 集団で園生活を送るということは、ご自身のお子さんが感染するリスクがあると同時に、他のお子さんを感染させてしまうリスクもあ りますので、お互いに ルールを守って ご利用いただきますようお願いします 。

1 保育施設利用にあたっての留意事項

(1) 園児および同居家族 の 朝夕の検温、体調チェックは必ず行ってください 。 園児に発熱(37.5℃以上)や呼吸器症状等の風邪症状が見られる 場合 は 、症状が治まり24時間が経過するまで お預かりできません 。また、園児の体調が良好な場合でも、同居家族に風邪症状が見られる場合は登園を控えてください。 なお、呼吸器症状が 新型コロナウイルス 感染症に起因するものでないと医師が判断した場合はこの限りではありません。

(2) 保育施設で感染者が確認された場合、濃厚接触者の特定は行いません。 感染者を特定できる情報を除いてお知らせをいたしますので、お子さんの体調にご留意願います。 登園に関する制限はありませんので、健康状態を観察し、判断いただくようお願いいたします。

(3) 園児の感染が確認された場合、または濃厚接触者に特定された場合(保育施設以外で園児が感染者と接触した、同居家族の感染が確認されたなど)は、速やかに園に連絡してください。

(4) 園児が陽性者となり、症状がある場合は発症日を0日目として7日間、無症状の場合は検査日を0日目として7日間が療養期間となります。また濃厚接触者となった場合は、最後に感染者と濃厚接触した日を0日目として5日間が待機期間となります。

(5) 園児が医師の診断によりPCR検査を受けることとなった場合は、速やかに園に連絡してください。PCR検査で陰性が確認されるまではお預かりすることができません。ただし、保健所から指導があった場合は、そちらを優先します。

(6) 園児の同居家族が濃厚接触者に特定された場合や、医師の診断によりPCR検査を受けることとなった場合については、園児が濃厚接触者に特定されなければ登園可能とします。ただし、濃厚接触者に特定された、若しくはPCR検査を受けた同居家族の方による園児の送迎については、指定された待機期間中はご遠慮ください。

(7) 園内の過密状態を少しでも軽減するため、保育時間(保育標準時間の場合は午前7時~午後6時、保育短時間の場合は午前8時30分~午後4時30分)にかかわらず、勤務先の出退勤時間に応じた送迎にご協力ください。

2 情報の共有等

(1) 「1 保育施設利用にあたっての留意事項」に沿って情報提供いただいた内容は、園と市で情報共有させていただきます。また、園児に兄弟姉妹がいる場合は、必要に応じて、学童クラブ担当、小中学校等へ情報提供する場合がありますのでご承知おきください。

(2) 園児が新型コロナウイルスに感染した場合は、個人名やクラス名等は伏せた上で、感染の経過等について、園の連絡網等により保護者の皆さまへ情報提供します。

3 臨時休園

(1) 園児及び園職員が5名以上同一の感染源から感染したと疑われる場合は、濃厚接触者の特定、保健所による調査などの対応を行います。その際、施設の消毒や濃厚接触者の特定のため直ちに休園となる場合があります。

(2) 臨時休園となった場合は、感染拡大のリスクを抑制する観点から他の保育施設での代替保育は実施できませんので、自宅保育等で対応できるようあらかじめご準備くださいますようお願いします。

(3) 市が羽村市社会福祉協議会に委託実施しているファミリー・サポート・センター事業では、サービスを提供する協力会員とサービスを受ける利用会員による共助の仕組みとなっており、日時等の条件が合えばお子さんをお預かりすることができます(有料)。
利用にあたっては、事前に利用会員登録が必要となりますので、利用する可能性がある場合は、羽村市社会福祉協議会(電話042-554-0304)で登録手続きをお願いします(平日のみの受付となりますのでご注意ください。)。詳しくは、市または社会福祉協議会の公式サイトでご確認ください。

4 人権尊重、個人情報の保護

感染された方の詮索、園児等への差別や偏見、SNS等でのむやみな情報拡散などが起こらないよう十分ご配慮ください。

5 新型コロナウイルス相談窓口

【平日 午前9時~午後5時】西多摩保健所(0428-22-6141)
【平日・土日・夜間】東京都発熱相談センター(03-5320-4592または03-6258-5780)