【消費者庁より】0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください

2020年11月28日 土曜日投稿

消費者庁より注意喚起の案内が届いていましたのでお知らせさせていただきます。


0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください!

頭部を負傷する事故に加え、窒息事故も報告されており、ベビーベッドの安全基準が見直されています

画像:転落事故事例の発生パターンを参考として、ダミー人形を使用した転落事故のイメージ。ベッドガードとベッドとのすき間に0~1歳児を想定した人形が転落しているシーンのイメージ写真3枚。左:ベッドと壁の間に挟まれて窒息 中央:寝返りで頭から転落 右:ベビーベッドの収納扉から転落し、柵とマットに挟まれて窒息

子どもが大人用ベッドやベビーベッドから転落することにより負傷又は窒息する事故報告が寄せられています。

数十センチメートルの高さのベッドでさえも、転落すると、頭蓋骨骨折や頭蓋内損傷のおそれがあります。また、ベッドと壁や物との間に頭が挟まれるなどして窒息するケースもあり、場合によっては命を落とす危険性があります。転落事故防止のため、0~1歳児は、大人用ベッドに寝かせるのではなく、できるだけベビーベッドに寝かせましょう

ベビーベッドは、常に柵を上げて使用し、収納扉がロックされていることを必ず確認しましょう。なお、令和元年11月15日付けで、消費生活用製品安全法の特別特定製品であるベビーベッドの適合性検査の実施に当たり、新基準が適用されています。旧基準の製品を使用する場合は、収納部分の扉のロックが壊れていたら、直ちに使用を中止してください。

消費者庁公表資料

1月のベビーマッサージ講座・離乳食講座について

2020年11月26日 木曜日投稿

月の『ベビーマッサージ講座』は、1月14日(木)です。
月の定員は、5名までとさせていただきます。
予約開始日は12月1日(火)9:30からとなります。
 
 
日時:1月14日 (木) 10:00 ~ 11:00
場所:あおぞら保育園ホール (地図)
 
説明:国際ボンディング協会ベビーボンディングケアスペシャリストを取得した1歳児クラス担当保育士によるベビーマッサージ講座です。親子共々リラックスしてくださいね。
※事前にお申し込みが必要となります。
※お申し込みは、お電話にて承ります。
 
[対象]生後2カ月~12カ月の親子
[持ち物]バスタオル 1 枚・汚れてもいいタオル等・水分補給用の飲み物
[服装]普段着でどうぞ
[料金]無料 ( 使用するオイルは実費にて販売 )

月の『離乳食講座』は、1月7日(木)です。

1月の定員は、2名までとさせていただきます。
予約開始は12月1日(火)9:30からとなります。
日時:1月7日(木) 11:00~
場所:あおぞら保育園ホール
※事前にお申し込みが必要となります。
※お申し込みは、お電話にて承ります。
<<再開にあたって>>
ホール・使用備品類の消毒を徹底、換気の徹底、保育園児との接触機会をなくす、利用者の体調管理を行う、保護者の方にマスク着用を求める、入室の際には手洗いをお願いするなど、出来うる限りの感染防止対策を講じた上で、密にならないよう開所します。
 
 
 
 
 

【保護者の皆様】羽村市より「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」の再確認のお願い

2020年11月17日 火曜日投稿

本日園長会にて羽村市保育担当課より、「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」を保護者の皆様に再度ご確認いただくよう伝達してほしい旨の話がありましたのでお知らせさせていただきます。


 国内の新型コロナウイルス新規感染者数が連日千人規模となり、羽村市でも感染者数が増加しています。幸い羽村市内の保育園ではこれまで園児や園職員の感染はありませんが、いつ感染者がでてもおかしくない状況であるといえます。
 「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」により、園児や園職員が感染した場合は直ちに休園となります(1~2日程度)。また、臨時休園となった場合、他の保育施設での代替保育は利用できません。そのため保護者の皆様には、ガイドラインに記載されている通り、休園時に自宅保育等で対応できるよう、今のうちからご準備いただきますようお願いします。

【お願い】
繰り返しのお願いとなりますが、他の園児・ご家族の間で罹患者が出た場合には、差別等の言動のないようにご配慮くださいますようお願いします。

 

12月のベビーマッサージ講座&離乳食講座について

2020年10月16日 金曜日投稿

12月の『ベビーマッサージ講座』は、12月8日(火)です。
12月の定員は、5名までとさせていただきます。
予約開始日は11月2日(火)9:30からとなります。
 
 
日時:12月8日 (火) 10:00 ~ 11:00
場所:あおぞら保育園ホール (地図)
 
説明:国際ボンディング協会ベビーボンディングケアスペシャリストを取得した1歳児クラス担当保育士によるベビーマッサージ講座です。親子共々リラックスしてくださいね。
※事前にお申し込みが必要となります。
※お申し込みは、お電話にて承ります。
 
[対象]生後2カ月~12カ月の親子
[持ち物]バスタオル 1 枚・汚れてもいいタオル等・水分補給用の飲み物
[服装]普段着でどうぞ
[料金]無料 ( 使用するオイルは実費にて販売 )
 
 
 
 
 
12月の『離乳食講座』は、12月2日(水)です。
12月の定員は2名までとさせていただきます。
予約開始日は11月2日(水)9:30からとなります。
日時:12月2日(水) 11:00~
場所:あおぞら保育園ホール
※事前にお申し込みが必要となります。
※お申し込みは、お電話にて承ります。
※11月11日(水)の回も空きがございます。
<<再開にあたって>>
ホール・使用備品類の消毒を徹底、換気の徹底、保育園児との接触機会をなくす、利用者の体調管理を行う、保護者の方にマスク着用を求める、入室の際には手洗いをお願いするなど、出来うる限りの感染防止対策を講じた上で、密にならないよう開所します。
 

【羽村市】コロナ禍における保育施設利用ガイドライン

2020年10月9日 金曜日投稿

事務連絡
令和2年10月9日

市内保育施設利用者 各位

羽村市子ども家庭部
子育て支援課長 吉岡 泰孝

「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」について

 日頃より市の保育行政にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 コロナ禍における保育施設の利用につきましては、令和2年9月10日付の事務連絡「9月からの保育施設の利用について」でお知らせしているところですが、この度、内容を更新し、「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」として取りまとめました。
 ガイドラインでは、保育施設利用にあたっての留意事項や、感染が疑われる場合の対応などについてまとめており、内容は適宜更新するものとします。
 なお、感染拡大の状況等を勘案し、従来から対応方法を変更している点もありますので、ガイドラインの内容を再度ご確認の上、ご対応いただきますようお願いします。
 ご不明な点等がございましたら下記担当までお問い合わせください。

【問合せ】
子育て支援課保育・幼稚園係
電話042-555-1111 内線240・233・231


コロナ禍における保育施設利用ガイドライン

令和2年10月9日

 保育施設では、子どもたちの安全に十分配慮して運営していますが、集団感染が発生する リスクを完全に防ぐことはできません。集団で園生活を送るということは、ご自身のお子さんが 感染するリスクがあると同時に、他のお子さんを感染させてしまうリスクもありますので、お互 いにルールを守ってご利用いただきますようお願いします。

1 保育施設利用にあたっての留意事項

(1) 仕事が休みの場合など自宅で保育可能な場合は登園を控えてください。

(2) 園内の過密状態を少しでも軽減するため、保育時間(保育標準時間の場合は午前7時~ 午後6時、保育短時間の場合は午前8時30分~午後4時30 分)にかかわらず、勤務先の出退 勤時間に応じた送迎にご協力ください。

(3) 園児および同居家族の朝夕の検温、体調チェックは必ず行ってください。園児に発熱(37.5℃以上)や呼吸器症状等の風邪症状が見られる場合は、症状が治まり24時間が経過するまで お預かりできません。また、園児の体調が良好な場合でも、同居家族に風邪症状が見られる場 合は登園を控えてください。なお、呼吸器症状が感染症に起因するものでないと医師が判断し た場合はこの限りではありません。

(4) 園児が濃厚接触者に特定された場合は、速やかに園に連絡してください。感染者と最後に 濃厚接触した日から起算して2週間はお預かりすることができません。ただし、PCR検査を 受け陰性が確認された場合は登園可能とします。

(5) 園児が医師の診断によりPCR検査を受けることとなった場合は、速やかに園に連絡してく ださい。PCR検査で陰性が確認されるまではお預かりすることができません(陰性が確認され た後も保健所の指導により一定期間お預かりできない場合があります。)。

(6) 園児の同居家族が濃厚接触者に特定された場合、医師の診断によりPCR検査を受けること となった場合については、園児が濃厚接触者に特定されなければ登園可能とします。なお、 濃厚接触者に特定された、若しくはPCR 検査を受けた同居家族の方の園児の送迎は、陰性が 確認できるまではご遠慮ください。

(7) 園児の感染が確認された場合は、症状の有無にかかわらず、医師により治癒が証明される までの間はお預かりすることができません。

(8) 園児の同居家族の感染が確認された場合は、速やかに園に連絡してください。園児が濃厚 接触者に特定されなかった場合は、園児の体調の変化に十分注意した上で登園可能としますが、 感染拡大のリスクを抑制する観点から出来るだけ登園を控えてください。

2 情報の共有等

(1)「1 保育施設利用にあたっての留意事項」において情報提供いただいた内容は、園と市で情報共有させていただきます。また、園児に兄弟姉妹がいる場合は、必要に応じて、学童クラブ担当、小中学校等へ情報提供する場合がありますのでご承知おきください。

(2) 園児が新型コロナウイルスに感染した場合は、個人名やクラス名等は伏せた上で、感染の経過等について、園の連絡網等により保護者の皆さまへ情報提供します。

3 臨時休園

(1) 園児(または園職員)が感染した場合は、施設の消毒や濃厚接触者の特定のため、直ちに休園とします。休園期間は1~2 日程度を想定していますが、感染拡大のリスクが高いと判断した場合等は期間が延びる可能性があります。

(2) 臨時休園となった場合は、感染拡大のリスクを抑制する観点から他の保育施設での代替保育は実施できませんので、自宅保育等で対応できるようあらかじめご準備いただきますようお願いします。

(3) 市が羽村市社会福祉協議会に委託実施しているファミリー・サポート・センター事業では、サービスを提供する協力会員とサービスを受ける利用会員による共助の仕組みとなっており、日時等の条件が合えばお子さんをお預かりすることができます(有料)。
 利用にあたっては、事前に利用会員登録が必要となりますので、利用する可能性がある場合は、羽村市社会福祉協議会(電話042-554-0304)で登録手続きをお願いします(平日のみの受付となりますのでご注意ください。)。詳しくは、市または社会福祉協議会の公式サイトでご確認ください。

4 人権尊重、個人情報の保護

感染された方の詮索、園児等への差別や偏見、SNS 等でのむやみな情報拡散などが起こらないよう十分ご配慮ください。

5 新型コロナウイルス相談窓口

【平日 午前9 時~午後5 時】西多摩保健所相談センター(0428-22-6141)
【土日・夜間】帰国者・接触者電話相談センター(03-5320-4592)

【羽村市】9 月からの保育施設の利用について

2020年9月11日 金曜日投稿

事務連絡
令和2年9月10日

市内保育施設利用者 各位

羽村市子ども家庭部
子育て支援課長 吉岡 泰孝

9月からの保育施設の利用について

 日頃より市の保育行政にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 コロナ禍における保育施設の利用につきましては、令和2年6月29日付の事務連絡「7月以降の保育施設の利用について」でお知らせしたところですが、この度、事務連絡に添付した別紙「保育施設利用にあたってのお願い」の内容の一部を更新し、9月から適用することといたしました。
 つきましては、市内保育施設をご利用いただいている保護者の皆さまには、再度内容をご確認の上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
 ご不明な点等がございましたら下記担当までお問い合わせください。

【問合せ】
子育て支援課保育・幼稚園係
電話 042-555-1111 内線 240・233・231


[別紙]

保育施設利用にあたってのお願い

令和2年9月10日内容更新

 令和2年9月からの保育施設の利用にあたりましては、下記のとおりご対応いただきますようお願いします(令和2年6月29日付の事務連絡でお知らせした内容の一部を更新しています。また、このほかにも園ごとのルールがある場合があります。)。
 保育施設では、子どもたちの安全に十分配慮して運営していますが、集団感染が発生するリスクを完全に防ぐことはできません。集団で園生活を送るということは、ご自身のお子さんが感染するリスクがあると同時に、他のお子さんを感染させてしまうリスクもありますので、お互いにルールを守って利用してください。

(1) 仕事が休みの場合など自宅で保育可能な場合は登園を控えてください。

(2) 園内の過密状態を少しでも軽減するため、保育時間(保育標準時間の場合は午前7時~午後6時、保育短時間の場合は午前8時30分~午後4時30分)にかかわらず、勤務先の出退勤時間に応じた送迎にご協力ください。

(3) お子さんとご家族の方の朝夕の検温、体調チェックは必ず行ってください(お子さんの体温が37.5℃以上ある場合はお預かりできません。)。

(4) お子さんが体調不良の場合はもとより、お子さんの体調が良好でも同居のご家族に発熱や咳などの症状がある場合は登園を控えてください。発熱や咳などの症状が治まり24時間が経過したら登園可能とします。
 また、症状が4日以上続く場合など、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが考えられる場合は、新型コロナウイルス相談窓口(※)へ連絡し助言を受けてください。

(5) 万一、園児(園職員)が感染した場合は、直ちに休園とし、園を安全に再開できると判断するまでの間は休園を継続します。なお、同居家族が感染した場合については、保健所の指導に従い対応します。

(6) 休園となった場合は、感染拡大のリスクを抑制する観点から、他の保育施設での代替保育は実施できません。ご不便をおかけしますがご理解いただきますようお願いします。

※新型コロナウイルス相談窓口
【平日 午前9時~午後5時】西多摩保健所相談センター(0428-22-6141)
【土日・夜間】帰国者・接触者電話相談センター(03-5320-4592)

保育園見学をご希望の皆様へ

2020年9月8日 火曜日投稿

 あおぞら保育園の園見学をご希望される皆様へ

 現在、あおぞら保育園では園見学を順次お受けさせていただいております。新型コロナウィルス感染症対策のため、園内のご案内は短時間とさせていただいております。また、園内を見学される皆様の検温・マスク着用をお願いしています。感染拡大に伴い、急遽園見学をお断りさせていただく場合もございますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、保育園見学のご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。

※メールでお問い合わせをいただいておりますが、保育園から返信できないご家庭があります。園見学のご希望の際は、お手数ですが保育園までお電話をおかけください。

   電話:042-554-2154

 受付時間:午前9:00~17:00

 見学可能日:平日の午前中

  ※保育園の行事等によりお受けできない日もございます。