芋もちと手作り麩菓子のレシピ紹介♪

2019年8月1日 木曜日給食ブログ

Pocket

今日は保護者の方からレシピのリクエストをいただいたので、

芋もちと手作り麩菓子の作り方を紹介します♪

芋もち

<材料(10個分)>

じゃがいも 4~5個(500g)

チーズ 80g

マヨネーズ 小さじ4(16g)

塩 ひとつまみ

こしょう 少々

※油 適量

<作り方>

①じゃがいもを茹で、熱いうちに皮をむいてつぶす。

※つぶし方はお好みで。滑らかな食感がお好みの方はしっかりとつぶし、

 ゴロゴロ食感を楽しみたい方は荒つぶしにします。

②①にチーズ、マヨネーズ、塩、こしょうを入れ混ぜる。

③10等分にして、小判型に形成する。

④フライパンに薄く油を敷き、両面がきつね色になるように焼く。

 オーブンやトースターで表面に色がつくまで焼いてもOKです。その場合は油はいりません。

手作り麩菓子

<材料(幼児10人分)>

小町麩  50g

マーガリン  大さじ4強(50g)

グラニュー糖  大さじ5+1/2(50g)

<作り方>

①マーガリンを常温にしばらく置き、柔らかくする。

②小町麩にマーガリンを和え、表面全体にマーガリンがいきわたるようにする。

③②にグラニュー糖を入れ、よく和える。

④耐熱バットに重ならないように広げ、オーブンで表面がきつね色になるまで焼く。

※マーガリンの代わりにバターを使用するとより濃厚な味になります。

 お好みでシナモンを入れるのもおすすめです🌟

今日の給食


★ きびごはん ★
★ めかじきの竜田揚げ ★
★ 五目豆煮 ★
★ きゃべつの塩昆布和え ★
★ ほうれん草の味噌汁 ★
★ バナナ ★

今日のおやつ


★ ビスケット ★
★ 冷凍みかん ★
★ 牛乳 ★

🐤ひよこ組(0歳児クラス)🐤

月齢の高い子どもたちは、形態や味付けがだんだんと幼児食に近づいてきています。

色々な食材、食感、味付けに慣れ、食事のバリエーションが増えてくる時期です♪

🐰うさぎ組(2歳児クラス)🐰



待ちに待った食事の時間だったようで、

勢いよく食べていました。

「おいしいよ!」と給食の先生に声をかけるのも忘れない子どもたちです👍

🐦ことり組(5歳児クラス)🐦


簡単なものも含め7月に3回も調理保育を行いました!

食べものへの興味や関心がどんどん高まってきています。

今日は「先生の好きな食べ物は何??」と聞かれ、

それぞれの好きな食べ物の話で盛り上がりました。