水槽 再スタート!!

2015年7月27日 月曜日投稿

Pocket

水槽がなかなか安定してくれません!! 

 

先日2度目のクマノミも3日間ですべてになってしまいました。

1度目の反省を踏まえて、前回以上に水質などに気を配りながらの失敗のため、ショックが大きいです 

再度水質や塩分濃度をみても特に問題なし・・・ただ今回「短期間ですべてが☆になった」

「水質調査では特に問題がない」「貝類は特に問題ない」などが状況として見られることから、

1度目で☆になった原因の病原菌  が水槽内に残っていた可能性が考えられます。

ちなみに、魚類から感染する細菌性の病気はあまり重篤になるものは少なく、一般的な衛生管理をしていれば特に問題ありません 

通常は魚(宿主)がいなくなれば病原菌は消えるのですが、まれにそうでないときもあります。

そこで今回、水槽の大がかりな掃除と新たに「殺菌灯」 の設置を行い、水槽の再スタートを開始しました 

ただ水槽の掃除は難しく、やり過ぎてしまうと水槽内のバクテリアがいなくなってしまい、

バクテリアが定着する(水をつくる)まで、また2~3ヶ月待たないといけません。

それも寂しいので、バクテリアをある程度残しつつ、掃除を行いました。


水槽再スタートに向けて!!

 

開始時の水槽の様子 しばらく放置していたので汚れています 
IMG_2655

貝などの生体は一時避難して
IMG_2656

電源コードやかかっているものを外して
IMG_2658

水槽を外に運び出します
(出入り口のサイズは水槽が運び出せる高さになっています!!)
IMG_2659

底砂・壁面など全体的に汚れています
IMG_2660
IMG_2662

ライブロックもブラシで汚れを掃き出します。
(ライブロック・・・珊瑚の死骸でバクテリアや微生物が住み着いて生物の住処となっている状態のものです)
IMG_2663

とりあえず水槽内の掃除は一通り終了 
大事な微生物の住み着いているであろう底砂とライブロックは
もともとあった水槽内の水のきれいな部分で浸し乾燥しないようにしています。
IMG_2664

次は外部フィルターです
IMG_2667

フィルター内もかなり汚れているのできれいにします。
ただここにも大切な微生物がいるので、海水を使って慎重に掃除をします。
IMG_2668

もともとあったろ材
このろ材棲み着いて微生物が汚れを分解してくれます(生物ろ過)。
ちなみに、フィルター内には下のようなトレイが4段あり、
その中を水が循環していきます。
IMG_2670

購入時のフィルターのセットではろ材が一段で、あとはスポンジとなっており、
ろ材が少量だったので、今回別にろ材を2段分追加しました。
IMG_2671
IMG_2672

最後の段はスポンジで、ここで汚れを物理的に絡め取ります(物理ろ過)。
IMG_2674

水槽の横にかかっていた外掛け式フィルターとスキマーも清掃します。
IMG_2679

一通り清掃が終了しました。
次は海水を入れていきます!!
IMG_2681

海水の素とカルキ抜きを使って人工海水を作ります 
IMG_2684

海水の素は比重計で計りながら入れ、魚に適した海水の濃度にしていきます。
IMG_2685

出来た海水をお風呂ポンプで水槽に。水槽が大きいので6往復ぐらいしました 
IMG_2683

忘れてならないのが下のタイや止め。
段ボール製なのですが震度8まで対応で、震災の際にも転倒を防いだ優れものだそうです 
IMG_2692 IMG_2693

最後にフタをのせて終了。
この後数日水を循環させ、1匹からスタートし様子を見ていきたいと思います。

次こそうまくいくように!! 
IMG_2687


最後に水槽周りの器具の説明です 

<上部>
setumei_1

<下部> 下部の扉は開けないでください!!
setumei_2